始まりと広がり

携帯電話とインターネット機能がまだまだ分離されて考えられていた2007年1月9日、AppleのCEOであるスティーブ・ジョブズ氏はMacworld Expo2007にて誰もが考えもしなかった、画期的なモバイルデバイスを発表します。その当時Apple社の看板商品であったデジタルオーディオプレイヤーと携帯電話、さらには電子メールやウェブブラウジングなどのインターネット機能を併せ持ったモバイルデバイスこそが、iPhoneなのです。

このiPhoneの最も驚かれたポイントは物理キーボードを廃止したことです。これによってすっきりとしたスタイリッシュなフォルムが実現され、多くの人から称賛を浴びました。そして、その代わりに全画面タッチスクリーンを搭載したのです。承知の事実ではありますが、近年のスマートフォンはこの形式を踏襲しており、「スマートフォン=iPhone」だと思っている人も少なくありません。

このようなオリジナリティー溢れるアイテムの発表はたちまち世界中のガジェットマニアを熱狂させてしまいました。その流れは日本にまで波及しましたが、当時ガラケー全盛期だったため、今のような事態を想像する専門家も少なかったです。しかし、その後の流行は語るまでもありません。iPhoneは世界中の携帯電話市場を大きく変えたのです。