世界中が衝撃を受ける

初代iPhoneはアメリカ本国のみにしか対応していなかったため日本でも販売が見送られました。世界規模でのiPhone発売が始まったのはiPhone3Gからです。2008年の6月9日に「WWDC 2008」で発表されたiPhone 3Gは世界22地域で発売され、その年の7月11日に販売がスタートしました。つまり、この日が世界がiPhoneを知ることになった日だと言えるのです。

当初普及が危ぶまれていた日本でのiPhone参入ですが、蓋を開けてみれば発売日当日には日本中のあちらこちらに長蛇の列が出来る大盛況ぶりでした。スタートダッシュ成功の理由はApple社ならではのスタイリッシュなプロモーション戦略です。シンプルでありながらiPhoneの良さを確実に伝えるApple社ならではのコマーシャルはたちまちトレンドに目が無い若者の間で話題になりました。

しかし、日本でiPhone人気が定着した理由として忘れてはいけないのがAppStoreの存在です。こちらから好きなアプリをダウンロード出来るようになったことで、自分好みの機能をカスタマイズ出来るようになりました。また、企業もiPhone用のアプリを積極的に開発するようになり、SNSやゲームだけでなく、様々なサービスも普及するようになったのです。