基本形の完成

今も飛躍的な進化を続けるiPhoneですが、そのiPhoneの軸となるモデルとされるのがiPhone3GSです。何故そのように言われるのかと言えば、今のiPhoneの機能のベースとなる部分が搭載されているからだと言われています。カメラには写真機能だけでなく動画撮影機能も加わり、Siriの元となる音声コントロールやその他のアクセシビリティ、さらにはデジタルコンパスまで搭載されているため、ここからiPhoneが始まったという人もいるほどです。

このiPhone3GSは2009年6月9日に行われた「WWDC 2009」で発表され、日本では6月26日に発売開始されました。MMSに対応していたこともあり、メールアドレスもi.softbank.jpだけではなくsoftbank.ne.jpで送受信が可能になったという特徴を持っています。性能面でも処理速度が高速化してバッテリー寿命が延びたため、使い勝手が非常に良くなったというのも評価として挙げられるのです。

この頃から動画を撮影して様々な楽しみ方に活かすという文化が若者たちの間に根付いてきており、カメラ機能にこだわりを持っていたiPhoneが徐々に市場から頭角を現すようになります。現在のSNS文化の流れの源流とも言えるカルチャーの芽生えを作っていったとも言えるかもしれません。