モデルチェンジ

それまでポリカーボネート製かつ丸みを帯びたどことなく可愛らしい印象のあったiPhoneのイメージを一新させたのがiPhone4です。iPhone4は強化ガラス製になり形も平坦になりました。また、小型化したということも特徴のひとつです。この頃の携帯市場というのは小型化の流れがあったということに加え、スティーブ・ジョブス氏が3.5インチにこだわりを持っていたということも理由として挙げられるでしょう。

2010年6月7日に行われた「WWDC 2010」で発表されたiPhone4は同年の6月24日に発売が開始されます。このiPhone4の特徴としては何もかもがApple製になったということでしょう。これまではCPUは他社製のものを使っていましたが、AppleオリジナルであるApple A4へと移行しました。また、OSも初代iPadがリリースされたことを受けてiOSという名前に変更したという経緯があります。

さらに、動画配信サイトが台頭してきた時流を受けるようにディスプレイ解像度が飛躍的に向上したという強みも持っています。Retinaディスプレイはこれまでにない映像体験を当時のiPhoneユーザーに衝撃と共に与えることに成功しています。ディスプレイ解像度は前のiPhoneと比べて4倍とも言われています。