iPhoneの登場

スマートフォンの中の一ブランドという位置付けではなく、最早iPhoneはスマートフォンを代表するという認識を多くの人が持っています。それだけに、新機種の発表などには注目が集まり、その機能などに様々な意見が交わされるという特徴を持っているのです。しかし、 iPhoneはいきなり高性能になったわけではありません。初代iPhoneから着実に歩みを進めてきた結果、今の性能を手に入れています。

iPhoneは登場から大きなインパクトを市場に与えました。物理キーボードを撤廃しタッチスクリーンを導入したことと、それによって可能になった全画面対応は今のスマートフォンのフォルムの方向性を決定しています。世界発売となったiPhone3Gは瞬く間に受け入れられ、その後も動画撮影が可能になるなどの性能向上を見せていきます。iPhone4でデザイン等を一新するも、これも更なるヒットを呼び込む要因となり、iPhone4sでは飛躍的な性能向上によってユーザーだけでなく業界全体を驚かせる形となったのです。初期iPhoneの歩みというのは、まさに携帯市場に対するApple社からの挑戦とも言えるでしょう。

携帯市場のみならず、スマートフォンの存在はその他業種へ大きなインパクトを与えました。「スマートフォン主体の世界」と言われることもあるほどに世界中がシフトチェンジしたと言えるでしょう。


★ 管理人参考サイト紹介 ★
進化を遂げたiPhoneは全画面タッチスクリーンになり、非常に見やすい画面デザインへと変わりました。もしiPhoneを落としたりして画面を割ってしまっても、画面の修理をしてくれるショップがあるので心配いりません ≫ iPhone画面の修理